推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

しばらく更新をストップします(>_<)

しばらくブログを更新できなくなります(;_;) 最近、あまり新しい記事も書けず、本も読めずにいました。理由は、 時間の使い方が下手過ぎて…気が付いたら1日が終わっている…! - 推理小説読んでみる? というしょーもな記事でも書いたように、自分で時間を上…

映画『容疑者Xの献身』を観ました!原作もおすすめ!

東野圭吾の〈ガリレオシリーズ〉長編『容疑者Xの献身』は映画も好き 昨日の晩、『容疑者Xの献身』がテレビでやっていたので、途中からでしたがついつい観てしまいました。もう何回か観てるんですけどね。 ちらほらと原作との違いはありますし、もしかしたら…

時間の使い方が下手過ぎて…気が付いたら1日が終わっている…!

今、私は本当に時間の使い方が下手だと実感しています。 だからどうしたって話なんですけども、「推理小説の紹介をしていきたいな!うん!」と始めたブログだと言うのに、最近びっくりするくらい推理小説は読めていないし、毎日ブログを書く時間も足りてない…

人付き合いは苦手でも、やっぱり一人は寂しいもんです

人間関係ってめんどくさい疲れる…でも一人では寂しいんだ! 人付き合いは苦手でも、猫のように孤高を貫くことは私にはできそうにない…! どうも。ちょっと久しぶりの更新ですが、推理小説とは全くもって無関係であります。ただただ、人付き合いが苦手でへば…

初めて読んだアガサ・クリスティ作品は『オリエント急行の殺人』でした

『オリエント急行の殺人』がアガサ・クリスティ作品との出会い 『オリエント急行の殺人』は、ミステリーの女王アガサ・クリスティの作品の中でもかなり高い人気を誇る一作。初めて読んだクリスティ作品は、その『オリエント急行の殺人』でした。 まずどんな…

【名作】エラリー・クイーンの悲劇四部作はもう読みましたか?

探偵ドルリー・レーンが活躍!悲劇四部作 推理作家、エラリー・クイーンがバーナビー・ロス名義で執筆した名作<ドルリー・レーンの悲劇四部作>はもう全部読まれましたか? 日本では四部作の2作目である『Yの悲劇』が特に有名で高い評価を得ていますが、他…

ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』あらすじ&感想

古典で本格密室もの!ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』って? 今日は、古典で本格ミステリーで有名なガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』をあらすじや感想とご紹介していきます。 ガストン・ルル―と言えば、オペラ座の怪人とかの方は聞き覚えのある方も…

東野圭吾〈加賀恭一郎シリーズ〉の順番とあらすじ

東野圭吾の〈加賀恭一郎シリーズ〉順番・あらすじをご紹介 東野圭吾と言えばヒット作品多数の有名作家。そんな東野圭吾の〈加賀恭一郎シリーズ〉の順番やあらすじを紹介していきますので、本選びの参考にしてください。 阿部寛主演で実写映画化もされている…

【綾辻行人】の館シリーズ第五作!『時計館の殺人』感想

綾辻行人の〈館シリーズ〉から『時計館の殺人』を感想と共にご紹介 綾辻行人の〈館シリーズ〉の中でもお気に入りの、『時計館の殺人』をあらすじや感想とご紹介します。 『十角館の殺人』も大好きなんですが、この『時計館の殺人』も、これぞミステリ―の王道…

はやみねかおるのおすすめ〈名探偵夢水清志郎事件ノート〉は大人も楽しめる!

子ども向きと侮るなかれ!はやみねかおる作品は大人になっても楽しめる はやみねかおる先生をご存知でしょうか。〈名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ〉や〈怪盗クイーンシリーズ〉『ぼくと未来屋の夏』など、ジュブナイルミステリーと呼ばれる児童向けミス…

【東野圭吾】『私が彼を殺した』の犯人は?真相は!?

東野圭吾〈加賀恭一郎シリーズ〉の『私が彼を殺した』の犯人は? こないだ〈ガリレオシリーズ〉について書いたので、東野圭吾作品から気になる一作『私が彼を殺した』を。犯人がしっくりこなくて私には解決できないんです(´_ゝ`) ちょっとあらすじやら感想…

H ZETT Mさんのピアノが楽しくて好きですというお話

ピアノマジシャン・H ZETT Mさんをご存知ですか? 私はほとんどピアノ弾けないんですけど、楽器を演奏できるって憧れません?そんで最近はH ZETT Mさんというピアノものすんごい方にはまってまして、カタカタとパソコンのキーボードを叩いている間にかけてま…

【東野圭吾】〈ガリレオシリーズ〉の順番はこれ!

東野圭吾の大人気シリーズ〈ガリレオシリーズ〉の順番はこれ! 天才物理学者・湯川学が活躍する〈ガリレオシリーズ〉面白いですよね。今回はそんな〈ガリレオシリーズ〉の順番やあらすじなどなどご紹介します。 そして〈ガリレオシリーズ〉と言えば、福山雅…

綾辻行人〈館シリーズ〉第4作!異色作と言われる『人形館の殺人』紹介

綾辻行人の〈館シリーズ〉から『人形館の殺人』をご紹介 綾辻行人と言えばやっぱり〈館シリーズ〉が一番に浮かぶという方も多いかと思います。今日はそんな〈館シリーズ〉第4弾『人形館の殺人』を粗すじと薄めた感想でご紹介します。 第1~3弾はこちらに⇩『…

【アガサ・クリスティ】アクロイド殺しの結末は!?

アガサ・クリスティ『アクロイド殺人事件』結末は!?ネタバレなしでご紹介 ブログを始めて2か月くらいはたったでしょうか。未だにブログが使いこなせないでいます。読みづらい記事とか更新してたらごめんなさい(´_ゝ`) パソコン使ってるとふとした瞬間にわ…

酷い肩こり!解消したい!

肩こりが酷過ぎて読書もパソコンもきつい… もともと姿勢が悪く筋力不足の私は最近特に肩こりが酷いことになっております。まるで石のようにガチガチでしんどいったらありゃしない。 (注:この記事は特に肩こりについて詳しくお悩み解決してるものではありま…

映画『ソロモンの偽証』原作読みたくなる! あらすじ&感想

宮部みゆき原作の『ソロモンの偽証』をぶっ通しで観ました 宮部みゆきの『ソロモンの偽証』を読んでいないんですが、映画を先に観てしまいました。昨日、夜中にやっていて、2度目の鑑賞になりました。 まだ映画しか観ていないからこそ感じた映画の感想を含め…

有栖川有栖『ロシア紅茶の謎』火村×アリスが活躍します

火村×アリスが活躍する『ロシア紅茶の謎』あらすじ&感想 人に貸していた有栖川有栖の『ロシア紅茶の謎』が返ってきましたので、今日はこちらを。火村英生と作家アリスが活躍する短編ミステリ―『ロシア紅茶の謎』をご紹介します。 最近、眼精疲労のせいだと…

綾辻行人〈館シリーズ〉以外のおすすめ!『霧越邸殺人事件』

綾辻作品のおすすめは〈館シリーズ〉だけじゃない! ”綾辻行人”と聞けば、あなたは何を思い浮かべますか?かなりの方が、叙述トリックを使ったミステリ―や、〈館シリーズ〉をイメージするのではないかと思います。勝手にそう思っています。 kirakunimystery.…

昨日フリーズしたパソコンの話

氷のようにフリーズした私のパソコン 全く推理小説は関係ない昨日の記事の続きなので、めっちゃ暇だわ~って方だけ暇つぶしに読んでみてください。本当に、一瞬の暇が潰せるだけのくだらない内容です。 昨日ノートパソコンがフリーズしてしまい、キーボード…

推理小説と無関係な話。パソコンフリーズ事件発生

今日のは推理小説もミステリーも全然関係ない記事なので、物凄く暇な方は暇潰しに読んでやってください。 先ほどパソコンがフリーズする事件発生。 初のスマホから更新です。 今日は推理小説と関係のない記事を更新しようと思ってキーボードをカタカタしてい…

中町 信のおすすめ『模倣の殺意』が面白い!

埋もれていた名作 中町 信『模倣の殺意』が面白いのでおすすめ 読んでみようと思いながらほったらかしていた中町 信の『模倣の殺意』をやっと読みまして、面白かったのでご紹介します。 ⇩ネタバレ防止の反転文字にしてます。 叙述トリックを使ったミステリー…

シャーロック・ホームズ『四つの署名』あらすじ&感想

シャーロック・ホームズ『四つの署名』をネタバレなしで紹介 「大丈夫、まだ大丈夫、全然大丈夫」―――何の捻りもない記事のタイトルと普通過ぎる見出しを書くだけで2時間以上経過してたけど、全然調子悪くない………この文章うってる間にも更に20分くらい過ぎて…

【推理小説おすすめ】必読!密室ミステリー小説19選!

密室ミステリ―が楽しめるおすすめ推理小説 推理小説の魅力的な舞台装置、〔密室〕。謎に満たされ閉ざされたその空間で繰り広げられる事件の数々…表現が不謹慎ですがもうウキウキとワクワクが止まらない。それが密室系ミステリー。 そんな密室ものが読みたい…

シャーロック・ホームズ『緋色の研究』あらすじ紹介!

『緋色の研究』ホームズとワトソンの出会い!あらすじご紹介 今日はシャーロック・ホームズシリーズの第一作にして、ホームズとワトソンの出会いも描かれる記念すべきエピソードも描かれる『緋色の研究』をあらすじ含めてご紹介します。 読みたい本をお探し…

シャーロック・ホームズ『バスカヴィル家の犬』あらすじ紹介

『バスカヴィル家の犬』が好きなのであらすじ&感想で紹介します コナン・ドイルが生み出した名探偵、シャーロック・ホームズ。かっこいいですよね。私も大好きです。名探偵の代名詞と言っても過言ではないでしょう。 小学生の頃、ジュブナイルミステリー(児…

東野圭吾の映画化作品!『眠りの森』あらすじ&感想

東野圭吾の映画化作品『眠りの森』をご紹介! 眠い…とにかく眠い。毎日眠くて堪りません。どの推理小説をご紹介しようかな~とぼんやりしていたら、目についた東野圭吾の『眠りの森』のタイトル。これじゃ!と思ったので、今日は『眠りの森』のあらすじと感…

法月綸太郎のおすすめ!『頼子のために』が面白かった

法月綸太郎のおすすめミステリー『頼子のために』 綾辻行人や有栖川有栖と並んで新本格派の第一世代、と言われる法月綸太郎のおすすめミステリー『頼子のために』を再読してやっぱり面白かったので、今日はそれをご紹介します('ω')ノ 新本格ってなんや?とい…

有栖川有栖『46番目の密室』作家アリスと火村英生コンビが活躍

有栖川有栖 作家アリスシリーズ『46番目の密室』あらすじ&感想 今日は、綾辻行人、法月綸太郎らと並んで新本格ミステリーの第一世代と言われる有栖川有栖の作家アリスシリーズから、『46番目の密室』をご紹介したいなと思いパソコンをカタカタし始めました…

叙述トリックの名手 折原一『倒錯の死角 201号室の女』

叙述トリックの名手 折原一!『倒錯の死角 201号室の女』の感想 以前、みんな大好き叙述トリックで有名な推理小説を中途半端に19作品まとめた記事を書きました。これです➡【必読】叙述トリックで有名おすすめ推理小説19選 - 推理小説読んでみる? 叙述トリッ…