推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

ライトなミステリー!小市民シリーズ第2作『夏季限定トロピカルパフェ事件』あらすじ&感想

夏季限定トロピカルパフェ事件

ちょっぴりコメディタッチで気楽に読める!ライトなミステリーの小市民シリーズ第2作、『夏季限定トロピカルパフェ事件』をご紹介します。重ためな本はしんどいな~より気楽に読めるものがいいな~なんて時にいかがでしょうか?

 

~あらすじ~

自分の性格がもとで中学時代に失敗をしたことをきっかけに、小鳩くんと小佐内さんは今日も慎ましく”小市民”を目指して穏やかな日々を送ろうと努めている。高校2年生になった夏、スイーツ巡りをしていた彼らを襲う大事件が…!?

 

目次

  • 序章  まるで綿菓子のよう
  • 第一章 シャルロットだけはぼくのもの
  • 第二章 シェイク・ハーフ
  • 第三章 激辛大盛
  • 第四章 おいで、キャンディーをあげる
  • 終章  スイート・メモリー

 

~感想のような雑記のようなもの~

前作の『春季限定いちごタルト事件』から約1年後、小鳩くんと小佐内さんは高校2年生の夏を迎えています。相変わらず小市民を目指していた2人ですが、まさかの大事件が勃発(゚д゚)!小佐内さんの身に…大事件…。Oh…(゚д゚)

 

ネタバレしないよう、事件の内容はふせておきますね!小市民を目指す2人の穏やかな日常はいずこへ!といった感じのトラブルに、なんてこったと驚いた記憶があります。

 

それでも、殺伐とした空気が漂わないところが小市民シリーズの良いところ♪羨ましすぎるスイーツ巡りをしたり、やっぱり小鳩くんは推理をしたりしています。

 

『夏季限定トロピカルパフェ事件』の見所としては、小市民になりたい2人の互恵関係にちょっと変化が起きる予感!なところ。どのような変化かは、ぜひご自身の目でお確かめくださいね('ω')ノ

 

 

今更ですが、表紙の絵の雰囲気も好きなんです。これが推理小説?ってくらいの可愛らしさ。飾ってるだけでもいい感じ(´▽`)♪笑

 

 そういえば……私が『春季限定いちごタルト事件』と『夏季限定トロピカルパフェ事件』を初めて読んだのは確か10代前半??くらいだったと思います。

 

ゆるい雰囲気が気に入って3作目はないんか?と本屋さんで探したことがありますが、見つからず。気に入った2作も本棚に眠り、気づけば数年が経過…。現在こうして『夏季限定トロピカルパフェ事件』に関する紹介や雑記を書きだしてから、

 

コレ3作目出てるやん(゚д゚)

 

という事実に気が付きました。

 

『秋季限定栗きんとん事件』…?なんとも素敵な響き!

 

発行されたのはだいぶ前の模様。一時期、学校じゃなんじゃと忙しくなって本を読む機会が激減していたので、気づかなかった…!しかも私が3作目ないんかな~と探していた直後くらいと言っても過言ではない時期に発行されていた…!!タイミング…!!!

 

読みたかった続きの存在を今頃知りましたので、ぜひ読んでみようと思います。他にも読みたい本が進んでいないので、いつになるかはわかりませんが、小市民を目指す2人が気になりますし…|д゚)チラッ