推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

『占星術殺人事件』あらすじ&感想|国内ミステリー読むなら!

占星術殺人事件

本格ミステリーで有名な島田荘司の探偵、御手洗潔シリーズ第1作の『占星術殺人事件』。やっぱり面白い(・∀・)

某名探偵の孫アニメがパクっただなんだと問題になったこともあり、もうトリックを知ってしまっている可能性もありますが…。まだ全くご存知ないことを願ってご紹介します。

 

~あらすじ~

画家の梅沢平吉が、自らのアトリエで殺された。密室殺人だった。そして彼の残した手記には、6人の処女から体の一部分ずつを切り取り組み合わせて、1つの完璧な肉体”アゾート”を作り上げるという衝撃的な内容が書かれていた。

その後、6人の若い女性たちが各々体の一部分を切り取られた無残な死体となって発見されたが、事件は迷宮入りとなった。

それから40年もの時を経て、とある女性が御手洗潔の占星学教室に訪れたその日。迷宮入りだった事件が動き出す!!

 

~感想のような雑記のようなもの~

やっぱり、面白い。まだ読んでいないあなたに!ぜひご紹介したい!

問題は…果たして敷居が低いのか、気軽に楽しめるのか…という点に不安を感じること(; ・`д・´)笑

 

まず事件が猟奇的なので、それが大丈夫かどうか。これは、たぶんだいたい大丈夫だとは思うんですが。なんせ体の一部を切り取って、って事件ですからね(;´∀`)。

 

で、それが問題なければ。

最初に殺された画家の平吉に手記から話は始まります。これ!これが一番問題だと思います。

冒頭から約40ページにもわたるこの手記が、まぁびっっっっっくりするくらいつまらんかった('ω')笑

ここで心折れる方がかなりいらっしゃいます。私も面白いって聞いて手に取ったは良いんですが、最初の平吉の手記を読んで、こんな感じの意味の分からないのがラストまでずっと続くんか…それとも最初だけか…でも飛ばして読みたくないし…と、かなりの不安と葛藤にさいなまれました(笑)

そしてこれがラストまで続くのならば、絶対読み切れないギブアップすると確信しました(゜-゜)

 

でも大丈夫です!ここで負けずに軽くでも良いので読み進めてください。

40ページの我慢です( ´∀`)bグッ!それが過ぎれば、ちゃんと本編らしい本編を楽しめます。これが、敷居が低いとも気軽に楽しめるとも言えない最大の原因でした。

通り過ぎてしまえばもう大丈夫!たぶん!

 

探偵役は、占星術師の御手洗潔。この人がまたびっくりするくらいの奇人、変人という言葉がしっくりくる個性的な人。ルックスも悪くなく、天才であることには違いないんですが、気分のムラが凄くて飽きっぽくて、突然走り出したり、飛びはねたり…周りにいたら怖いくらいにはぶっ飛んでます。

でも私はちょっとぶっ飛んでるくらいの探偵が好きです( ー`дー´)

 

そんな御手洗潔が、40年も前に迷宮入りしてしまった事件を調べることになるんですが、もう現場に手がかりなんて跡形もないだろうに…一体どうやって?とワクワク。

 

そしてこの作品のテンション上がったポイント。あの有名な言葉…!

 

”私は読者に挑戦する”

 

これが登場します!はい!読んでてテンションが上がりました。思わず振り返ってちょっと読み返したりしちゃいましたね。これはミステリーファンならテンション上がる人多いと思いますね~~。

………ま、謎の答え、わからなかったんですけど(´-ω-`)

 これが登場した時点で、もう謎を解くカギはそろっているということ。ぜひ頑張って解いてみてくださいね!

 

ラストは意外にシンプルと言うか、とてもわかりやすくて良かったです。やられた!って感じでした(・∀・)ニヤニヤ

 

最初の手記を乗り切って良かった~(/・ω・)/

 

 

 ↓改訂完全版

 

こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。読みたい本が見つかりますように!(^^)!

kirakunimystery.hatenadiary.jp