推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

東野圭吾の映画化作品!『眠りの森』あらすじ&感想

東野圭吾の映画化作品『眠りの森』をご紹介!

東野圭吾 眠りの森 

眠い…とにかく眠い。毎日眠くて堪りません。どの推理小説をご紹介しようかな~とぼんやりしていたら、目についた東野圭吾の『眠りの森』のタイトル。これじゃ!と思ったので、今日は『眠りの森』のあらすじと感想を!

 

こんな私の本紹介を読んでくれる方々がいらっしゃるのが幸せです。いつもありがとうございます。これからも本探しのお役に立てるよう頑張ります('ω')

 

東野圭吾『眠りの森』あらすじ~

名門バレエ団の事務所で男が殺された。被疑者とされるバレエ団のバレリーナは正当防衛を主張するが、その証拠は見つからない。捜査が混乱を極める最中、バレエ団の舞台稽古で眠りの森の美女を模したような毒殺事件が発生!

 

捜査を担当する刑事、加賀恭一郎は被疑者の友人のバレリーナに出会い惹かれ始めるが…悲しく辛い決断の時は刻々と迫る。

 

 

東野圭吾『眠りの森』感想のような雑記のような~

『眠りの森』は、東野圭吾の〈加賀恭一郎シリーズ〉の第2作目。1作目の『卒業』では学生だった加賀恭一郎ですが、なんだかんだで刑事になっています。

 

加賀さんはやっぱり刑事が似合ってますね~かっこいい。不器用なんだけど、紳士的で素敵な加賀さんが惹かれる女性も登場する『眠りの森』は、ファンとしては読むしかない!恋愛要素も含めて読んでほしい一作。

 

加賀恭一郎は、捜査の最中に出会ったあるバレリーナに惹かれるんですね。事件の渦中でさえ懸命に踊るバレリーナの美しさと儚さ、加賀さんの不器用な温かさや優しさ、若さに葛藤…見所盛りだくさん。なんとも悲しく切ない物語でした…_(:3」∠)_

 

 

最初に起こった事務所に入り込んだとされる男の殺害事件と、バレエ団の稽古中に起こった毒殺事件。2つの事件が関係ないはずがないと思いつつも、なんの関係性も見つけられないんですね~。

 

結局最後までわかりませんでした。加賀さんがたどり着いた真相が、心にずっしりときた覚えがあります。刑事ものミステリ―としてはもちろん、人間ドラマとしても楽しめる、やっぱり東野圭吾は凄い。読む人を選ばない。

 

 

奇怪で不可思議で謎だらけ!なミステリーではないけど、これはこれで面白くて好きです。特別ミステリー好きでなくても、物語として十分に楽しめます。シリーズの続きも読みたくなるでしょう。私は読みたくなりました( ̄▽ ̄)♪

 

 

阿部寛石原さとみで映像化もされていますね。小説を読んでから、どうしても観たくなってDVD借りようかななんて悩んでいたら、U-NEXTの無料トライアルでタダで観られました。ラッキー!!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

kirakunimystery.hatenadiary.jp