推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

綾辻行人〈館シリーズ〉第4作!異色作と言われる『人形館の殺人』紹介

綾辻行人の〈館シリーズ〉から『人形館の殺人』をご紹介

綾辻行人 人形館の殺人

綾辻行人と言えばやっぱり〈館シリーズ〉が一番に浮かぶという方も多いかと思います。今日はそんな〈館シリーズ〉第4弾『人形館の殺人』を粗すじと薄めた感想でご紹介します。

 

第1~3弾はこちらに⇩『十角館の殺人』はこのブログで一番見られている記事なので、やっぱり綾辻行人人気は凄いんですね。

kirakunimystery.hatenadiary.jp

 

 

綾辻行人人形館の殺人』あらすじ~

亡き父の遺産とも言える怪しいマネキン人形たちがそこかしこに飾られ、アパートとして貸している離れは”あの”中村青司が関わったという噂もあった京都の邸、「緑影荘」に移り住んだ飛竜想一。

 

しかし近所では通り魔事件が発生し、想一のもとへも不可思議な手紙が届けられる。それから想一の身の回りで次々と奇妙な出来事が起こり始め…。

 

想一の命を狙っている人物とは一体?恐怖に駆られた想一は、大学時代の友人である島田潔に助けを求めた。

 

 

 ~綾辻行人人形館の殺人』感想のような雑記のような~

 『人形館の殺人』は、綾辻行人の〈館シリーズ〉の中では異色作、といった印象。〈館シリーズ〉の第一弾~第三弾、つまり『十角館の殺人』『水車館の殺人』『迷路館の殺人』を順に読んできたなら、そう感じると思います。

 

その前3作品は、招待客を襲う連続殺人…とか、館に住まう奇妙な住人…とか、そんな古典的ミステリ―らしい要素が満載な感じがしますが、『人形館の殺人』は陰鬱で不気味な雰囲気はそのまま漂わせながらも、事件や設定はガラッと違う雰囲気に。

 

おそらく、〈館シリーズ〉の中では好みが分かれる作品です。

 

私も好みとしてはやっぱり『十角館の殺人』とかの方が好きですが、『人形館の殺人』もなかなか印象に残る作品。趣向ががらりと変わった分、印象的ですね。

 

 

こいつ怪しいな…とか、事件の背景を真剣に推理しながら読み進め、正直これは絶対解けた!と思ったんです。シリーズ初の謎解き成功やと思ったんです。キタ――(゚∀゚)――!!なテンションで、フフン♪と調子こいといて、

 

結局最後にうまいこと騙されたことに気が付いたときのショック。いや、いい意味で。

 

特にシリーズのファン的には賛否両論あると思いますが、なんだかんだで読まされてしまうな~と。面白くないものって、最後まで読めないので(´_ゝ`)

 

いつもの〈館シリーズ〉とはまた違った趣向を楽しめば良いのかなと思います。

 

ちょっと物足りないのは、前3作通して登場する島田潔の出番が少ないこと、ですかね。

 

まぁそれでも、綾辻行人の手のひらで踊らされる感じは嫌いじゃない。もうひたすら踊ってやる構えです。アホみたいに踊り狂ってやります。

 

あなたもぜひ、4つ目の〈館〉の扉を開いてみてください。