推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

【東野圭吾】〈ガリレオシリーズ〉の順番はこれ!

東野圭吾の大人気シリーズ〈ガリレオシリーズ〉の順番はこれ!

電球と黒板

天才物理学者・湯川学が活躍する〈ガリレオシリーズ〉面白いですよね。今回はそんなガリレオシリーズ〉の順番やあらすじなどなどご紹介します。

 

そして〈ガリレオシリーズ〉と言えば、福山雅治主演でテレビドラマ化や映画化もされていますね。最初は佐野史郎をイメージして生まれたらしいガリレオというキャラクターですが、今や脳内で完全に福山雅治で再生されます。とてもイケメン。

 

この〈ガリレオシリーズ〉は理系出身の東野圭吾の知識がフル活用されている作品で、検証してはいなくても理論的には実現できるトリックらしいです。

 

ミステリーでは、一般的ではないというか普通に知られていない科学的知識や技術を用いたトリックってあんま使わない感じがありますが、ガリレオシリーズ〉あえてそこをガン無視でいってるシリーズです。解けないのに、面白いんですよね。

 

全部で8作品ありますが、シリーズだからと言って全て読まなければいけない…なんてことはありません。途中から読んでも大丈夫。

 

最初から順番にすべて読破するもよし、これとこれは読んでみたいってのだけ読むもよし。気軽に自由に楽しんでください。

 

ちなみにもう一つの人気シリーズ〈加賀恭一郎シリーズ〉についても記事を書いているので、よろしければ覗いてやってくださいね。

 

こちらはシリーズ第一弾の『卒業』について。

【東野圭吾】加賀恭一郎の学生時代!『卒業』は読みましたか? - 推理小説読んでみる?

 

こちらは続いて第二弾の『眠りの森』についてです。

東野圭吾の映画化作品!『眠りの森』あらすじ&感想 - 推理小説読んでみる?

 

そしたら第三弾の…となるはずが、すみません、ちょっと飛んで第五弾の『私が彼を殺した』の記事です。

【東野圭吾】『私が彼を殺した』の犯人は?真相は!? - 推理小説読んでみる?

 

1.『探偵ガリレオ

天才物理学者・湯川学が登場した記念すべき第一弾!『探偵ガリレオ。第一弾で短編集なので、気楽にトライしてみる作品としても良いのではないでしょうか。

 

ドラマや映画を先に見ている方は、ガリレオこと湯川学のキャラクターは違った印象になりそう。あなたの好みはどっち??

 

☆目次とあらすじ

1.「燃える(もえる)」

人通りの少ない通りで、局所的な火災が発生。たむろしていた若者が焼死した。現場にいた目撃証言によると、被害者の頭部に突如発火し燃え上がったのだという…。

 

2.「写転る(うつる)」

中学校の文化祭に展示された石膏で固められたデスマスクを見て、血相を変える女性がいた。そのマスクが、失踪した兄に酷似していたらしい。マスクを作った学生は公園の池で拾ったアルミのマスクを発見し、それを型にしたという。

 

3.「壊死る(くさる)」

スーパーマーケットの経営者が浴槽につかって死んでいるのが発見された。その胸には奇妙な痣があり、解剖の結果、その部分は完全に壊死していた。しかし薬物は検出されず、感電死してできる痣でもない…死因は謎に包まれていた。

 

4.「爆ぜる(はぜる)」

三鷹のアパートで、男が撲殺され発見された。捜査にあたっていた草薙が帝都大学の第十三研究所を訪れた。その頃湯川は、一週間前に湘南海岸で泳いでいた女性が爆死した事件について学生と議論を交わしていた。

 

5.「離脱る(ぬける)」

マンションの一室で女性が絞殺体となって発見された。容疑者となった男の車が、マンションの前に停まっていたと近隣住民からの証言があったが、男はそれを否定。しかしある少年が幽体離脱でその男の車が事件当時、川の近くに停めてあったのを見たという…。

 

 

2.『予知夢』

シリーズ第二弾、『予知夢』。こちも短編なので、トライしやすいですね。そういえば〈ガリレオシリーズ〉のタイトル、相変わらず面白いですね。読めない(´_ゝ`)笑

 

☆目次とあらすじ

1.「夢想る(ゆめみる)」

世田谷のとあるお屋敷に男が侵入し、逃走中にひき逃げ事故を起こして逮捕される。取り調べで男は犯行を認めているが、「屋敷に住むモリサキレミと17年前から結ばれるはずだった」と供述。少女はまだ16歳、生まれていないはずだったが、男の学生頃の文集などには確かに「レミ」という名前が書かれていた…。

 

2.「霊視る(みえる)」

マンションの一室で女性が扼殺され発見された。現場から逃走する男を目撃した人物がいたため男はほどなく逮捕され、犯行を認めた。しかし殺害されたとされる時刻に、被害者の姿が別の場所でも目撃されており…!?

 

3.「騒霊ぐ(さわぐ)」

刑事の草薙は、ある女性から夫が失踪したと相談される。健康機器メーカーに勤める夫がよく行っていた家の老婆も亡くなったことが判明し、警察が動かないために夫を探す女性自身がその家を張っていたところ、奇妙なことに亡くなった老婆の甥家族が決まって毎晩8時に外出するのだという…。

 

4.「絞殺る(しめる)」

ホテルの一室で男の死体が発見された。死体には細い紐のような絞め痕が残っており、殺人事件としての操作が始まる。しかし死体のあったベッド横のカーペットに焦げ跡、死体の絞め痕に沿って皮膚が擦り切れており、絞殺体としては不自然な点が多々見つかる。

 

5.「予知る(しる)」

マンションの一室で女が首を吊って死んだ。向かいのマンションには女の不倫相手が住んでおり、「奥さんと別れなければ覚悟がある」という電話がかかってきていた。だが不思議なことに、同じ部屋で2日前にも女性が首を吊る姿を見たという証言が出たのだ。

 

 

3.『容疑者Xの献身

第三弾は長編、『容疑者Xの献身』。次の第四弾の短編『ガリレオの苦悩』に繋がる部分があるので、ここだけは順番に第三弾『容疑者Xの献身』➡第四弾『ガリレオの苦悩』の順がおすすめ。

 

映画化されているので、知名度も高いと思います。(私の大好きな)堤真一が見事なほど冴えない男を演じてます(でもかっこいい)。

 

なんかもう、泣ける。

 

映画しか観てない方は、ぜひ一度原作も読んでみてください。

 

☆あらすじ

花岡靖子とその娘・美里が住むアパートに、靖子の元夫・富樫慎二が訪ねてきた。どこに引っ越しても居場所を突き止めてはやってきて暴力をふるうような男だった。

 

その日、暴力を振われ大喧嘩の末に親子は富樫を殺害してしまう…。靖子と美里の住むアパートの隣人、高校教師であり天才数学者の石神はそれに気が付いた。ひそかに靖子に想いをよせていた石神は、2人を救うために完全犯罪を企てる…。

 

 

4.『ガリレオの苦悩』

シリーズ第四弾『ガリレオの苦悩』。短編です。第三弾の長編『容疑者Xの献身』から少し繋がる部分もあるので、もし『容疑者Xの献身』を読んだのであれば、その次に『ガリレオの苦悩』を読むのが良いかも。

 

ドラマや映画をご覧の方は、柴咲コウ(めっちゃ可愛い)演じる女刑事の内海薫というキャラクターをご存知かと思いますが、この内海薫はドラマの企画で生まれたキャラクター。

 

ドラマに女性の登場人物を出したい、ということで、東野圭吾が先に本で登場させてからならOKという条件を出して生まれたらしいです。

 

☆目次とあらすじ

1.「落下る(おちる)」

マンションで女性が転落死した。その女性の遺体には鍋で殴られた痕があったことから他殺の可能性も浮上。女性刑事、内海薫は被害者の先輩だという男に疑惑を向けるが、男にはアリバイがある。果たして離れたところから被害者を転落死させることがきでたのか?

 

2.「操縦る(あやつる)」

帝都大助教授にして「メタルの魔術師」と呼ばれていた男の家の離れ家が燃えあがり、必死の消火も虚しく息子の邦宏が息を引き取った。焼死と思われたが、遺体の状態からして刺殺であることが判明。しかし、凶器は見つからず、離れ家は密室だった…。

 

3.「密室る(とじる)」

友人の藤村から、経営するペンションに宿泊していた客がガードレール下へ転落死した一件の調査を受ける湯川。藤村が夕食時その客に声をかけた際はドアにも窓にも鍵がかけられ密室状態、返事がなかった。二度目に声をかけた際は中に人がいる気配がしたが、その後他の客から窓が開いていると聞いた時にはすでに転落死していたという…。

 

4.「指標す(しめす」

ある老婆が殺害され、地金が盗まれた。また被害者の犬が姿を消していた。犯行当日に被害者宅を訪ねた真瀬貴美子が疑われるが証拠が出ず捜査は難航。しかし貴美子宅を張り込んでいた内海と岸谷刑事は、貴美子の娘の葉月が、失踪していた被害者の犬の死体を捨てているところを目撃する。葉月はダウジングで犬の死体を発見した信じがたい証言をする。

 

5.「攪乱す(みだす)」

ある日警視庁の元へ「悪魔の手」と名乗る謎の人物から、「自分の意思で自在に人を操れる」という奇妙な手紙が届くが、悪戯とも犯行予告ともとれずにいた。しかし似た手紙が湯川にも届けられていたのだ。その後、悪魔の手による犯行予告と殺人が発生し、警察は翻弄されることとなる。

 

 

5.『聖女の救済』

ガリレオシリーズ〉第五弾は『聖女の救済』、長編です。実写では映画ではなくてドラマでやってましたね。前後編やったかな?

 

今回は犯人がわかっています。一体どうやって殺人を犯したのか…?という謎を解き明かす展開です。なるほどまさに、”聖女の救済”納得です。

 

☆あらすじ

ある資産家の男が自宅で毒殺された。しかし毒物がいかにして混入したかは不明。疑惑の目を向けられた、男から離婚を切り出されていた妻には崩せない鉄壁のアリバイがあった…。

 

 

6.『真夏の方程式

第六弾は『真夏の方程式』で、長編ですね。これも映画化されてるので、知名度高そうです。

 

これまた思わず読まされてしまう、引き込まれてしまう。事件のトリックが面白いのはもちろんですが、長編だからこそ細かく描くことが出来る事件の背景にあるもの…。言いたい…けど、ネタバレは極力避けたいので、ぜひ読んでください。

 

☆あらすじ

夏休みを玻璃ヶ浜にある叔母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年。一方、湯川も仕事で同じ宿に宿泊することに。翌日、旅館の宿泊客の1人が遺体となって発見された。

 

 

7.『虚像の道化師』

第七弾!『虚像の道化師』は短編です。読みやすいうえにちゃんとミステリーしているのが良いですね。

 

東野圭吾がトリックのネタにつまり、〈ガリレオシリーズ〉第四弾にあたる『ガリレオの苦悩』で短編は終わりとする予定だったらしいのですが、”相手に触れることなく転落死させる”という恐ろしいアイディアが浮かんだことで、『虚像の道化師』が誕生。またガリレオの活躍が楽しめる、嬉しいですね。

 

☆目次とあらすじ

1.「幻惑す(まどわす)」

宗教法人「クアイの会」本部ビルから、第五部長を務める男が転落死した。教主に資金横領を問い詰められたことによる自殺に見えたが、教主は自らが送った念によるものだと主張。対応に困った警察は、物理学者湯川に相談を持ち掛けるが…。

 

2.「心聴る(きこえる)」

OLの脇坂睦美は、羽虫が羽ばたくような幻聴に悩まされていた。ある日睦美の上司がマンションのベランダから飛び降り死亡。しばらくした頃、病院で一人の男が突如発狂して暴れまわり取り押さえられる事件があり、その男が幻聴に悩まされていることが発覚する…。

 

3.「偽装う(よそおう)」

大学のバトミントン部時代の友人の結婚式に出席した湯川と草薙。しかしホテルに向かう途中車のタイヤがパンクし、雨が降る中タイヤ交換をする二人に傘を貸してくれた桂木多英の両親が惨殺されてしまう…。

 

4.「演技る(えんじる)」

劇団「青狐」の主宰・駒井良介が自宅で刺殺される。駒井を刺した同劇団員の女優は、駒井の携帯をアリバイ工作に使って第一発見者を装い、さらにその日の花火の写真を撮った時刻により、自分から疑いの目をそらしていく…。

 

 

8.『禁断の魔術』

第七弾の『虚像の道化師』で終わりになるはずの短編が、湯川や草薙の人生や生活を積極的に描こうと浮かんだアイディアにより前作の4編とさらに4編書き上げ、かなりの分厚さとなったために、第七弾と第八弾の2冊にわけて出版されたそう。

 

さぁはりきって読みましょう。

 

☆目次とあらすじ

1.「透視す(みとおす)」

草薙にクラブに連れていかれた湯川は、そこでホステスに透視を披露される。名字だけでなく名前や職業まで言い当てられた湯川は驚愕。そのホステスが殺害される事件が起こり、横領を透視されたという犯人を逮捕した。しかし透視のからくりに行き詰った草薙は湯川に相談を持ち掛ける。

 

2.「曲球る(まがる)」

プロ野球選手の妻・妙子がスポーツクラブの駐車場で撲殺される。犯人は逮捕されたが、妙子が生前デパートで置時計を購入しており、夫も心当りがないためその行動は謎のままとなった。しかし湯川が草薙と内海と共に妙子の行動を調べ、置時計の裏に隠された妙子の思いが明らかとなる…。

 

3.「念波る(おくる)」

主婦の磯谷若菜が東京にある自宅で襲われ意識不明となる。そのことに最初に気がついたのが若菜の双子の妹で、東京から離れた長野にいながら、姉からテレパシーを受け取ったのだと言う。湯川はそのテレパシーを調べ始める。

 

4.「猛射つ(うつ)」

高校時代に湯川から化学を学び、感銘を受けて帝都大学に進学してきた小芝伸吾は湯川に挨拶に訪れた。しかしその日、伸吾の姉が死亡。10カ月後、あるフリーライターが殺害され、捜査線上に浮かびあがったのは湯川の教え子だった小芝伸吾だった…。

 

 

ガリレオシリーズ〉の順番でした

以上、〈ガリレオシリーズ〉の順番でした。いつも最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

全8作、どれもこれも読みやすいうえ、ミステリーとしても物凄く面白いのでおすすめ。ドラマや映画が好きだったなら、原作もきっと楽しめますよ。

 

外に出ず、エアコンが効いた快適な室内で美味しいコーヒーやジュース、お菓子をお供に読書…なんて素敵じゃないですか?私が引きこもりなだけですか?

 

楽しんでください('ω')ノ