推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

東野圭吾〈加賀恭一郎シリーズ〉の順番とあらすじ

東野圭吾の〈加賀恭一郎シリーズ〉順番・あらすじをご紹介

東野圭吾と言えばヒット作品多数の有名作家。そんな東野圭吾の〈加賀恭一郎シリーズ〉の順番やあらすじを紹介していきますので、本選びの参考にしてください。

 

阿部寛主演で実写映画化もされているので、映画を観て面白かったならぜひ原作も読んでみてください。めっちゃ面白いです。

 

 

もう一つの大人気シリーズ、天才物理学者・湯川学の大活躍する〈ガリレオシリーズ〉の順番やあらすじをご紹介したこちらもどうぞ⇩

kirakunimystery.hatenadiary.jp

 

それじゃ〈加賀恭一郎シリーズ〉の順番とあらすじ、ご紹介していきます。

 

 

1.『卒業』

〈加賀恭一郎シリーズ〉第一作、『卒業』。加賀恭一郎の大学生時代の事件を描いています。学生時代ならではの恋、友情、部活に勉強などなど…。

 

キザですが、加賀恭一郎かっこいいですよ。読んで損なし!

~あらすじ~

大学4年生の仲の良い7人のうちの1人、祥子がアパートの自室で死んでいた。部屋はその時密室だった。果たして自殺か、他殺か…。

 

彼女が残した日記を手がかりに謎を解き明かそうとする友人たち。しかしまたも次の事件が起こってしまう。

 

kirakunimystery.hatenadiary.jp

 

 

2.『眠りの森』

〈加賀恭一郎シリーズ〉第一作目の『卒業』では大学生だった加賀恭一郎ですが、なんだかんだで刑事になっています。

 

そして加賀恭一郎が惹かれる女性も登場するので、恋愛要素も込みで読みたい一作。

~あらすじ~

名門バレエ団の事務所で男が殺された。被疑者とされるバレエ団のバレリーナは正当防衛を主張するが、証拠が見つからない。捜査が混乱を極める中、バレエ団の稽古中に眠りの森の美女を模した毒殺事件が発生する。

 

kirakunimystery.hatenadiary.jp

 

 

3.『どちらかが彼女を殺した

最愛の妹を殺された刑事が、犯人と思われる人物を追い詰めてゆく…んですが、最後まで犯人の名前が出ません。しっかりと読み込んで、自分で推理するのを楽しんでください。

~あらすじ~

OLの和泉園子の遺体を発見した兄の刑事・和泉正康は、その死が自殺に偽装された他殺と見抜いた。妹の復讐に燃える兄は容疑者を二人の男女に絞り込み、肉迫を迫る。果たして犯人は男か、女か。

 

 

4.『悪意』

〈加賀恭一郎シリーズ〉第4作目は、ホワイダニットの傑作。タイトルの『悪意』に思わずうならされる…。悪意…怖いですねぇ。

有名作家の男が殺された。刑事・加賀恭一郎の聞き込みや推理をもとに犯人は明らかになるが、動機を決して語ろうとしないのだった…。

 

 

5.『私が彼を殺した

容疑者3人の視点がコロコロと入れ替わりながら進む〈加賀恭一郎シリーズ〉第5作目の『私が彼を殺した』。こちらも最後まで犯人の名前が出ないんですね~。推理を楽しんでください。難しいですよ…!

~あらすじ~

脚本家であり小説家としても有名な男の家に現れた一人の女。男が婚約したと知り、裏切られた女は服毒自殺を図った。男はその事実を必死に隠蔽するが翌日、式の最中に突如倒れて死亡してしまう…。

 

kirakunimystery.hatenadiary.jp

 

 

6.『嘘をもうひとつだけ』

〈加賀恭一郎シリーズ〉第6作目にして初の短編です。犯人視点で進むのも面白いですね。読みやすさにも磨きがかかってます。

~あらすじ~

6-1.「嘘をもうひとつだけ」

バレエ団の事務員、早川弘子がマンションの7階にある自室から転落死した。刑事・加賀恭一郎は同じマンションに住む同劇団で働く一人の女に目をつけた。

 

6-2.「冷たい灼熱」

田沼洋次が帰宅すると妻が倒れ、幼い息子は行方不明という状態だった。警察の捜査が始まり、部屋は荒らされ、妻の田沼美枝子が前から首を絞められていることから、顔見知りで物取りの犯行ではないかとの見解を見せた。

 

6-3.「第二の希望」

11歳の娘と二人で暮らす楠木真智子と親しくしていた毛利周作が殺された。絞殺による明らかな他殺だったが、犯人と犯行手段は謎に包まれたままだった。

 

6-4.「狂った計算」

坂上奈央子は数日前に夫を亡くしていた。加賀恭一郎が彼女のもとを訪れたのは、行方不明となった建築士の中瀬幸伸と親しかったという噂を耳にしたからだった。加賀は夫を亡くした妻、行方不明の男の謎を追う。

 

6-5.「友の助言」

加賀恭一郎の友人、荻原保が交通事故を起こし、一命は取り留めたものの入院を余儀なくされた。見舞いに訪れて「睡眠薬を飲まなかったか」と聞く加賀に、荻原は飲まなかったと言い張る。そんな荻原に、加賀は自身の推理を聞かせる。

 

 

7.『赤い指』

〈加賀恭一郎シリーズ〉第7作『赤い指』。家族、親子、非常に考えさせられる一作です。自分だったら…と想像すると心が痛くなります。

~あらすじ~

住宅街で少女の遺体が発見された。捜査線上に浮かんだのは、平凡な家族だった。一体何が彼らを狂わせたのか…。

 

 

8.『新参者』

1つの事件を軸として、短編的に物語が進みます。そして全てがラストで……このスタイル好きです。面白い。

~あらすじ~

日本橋小伝馬町で一人暮らしの女性が絞殺体となって発見された。日本橋署に配属された刑事・加賀恭一郎は、事件に残された当事者たちの思いを解きほぐし、事件の真相を手繰り寄せてゆく。

 

 

9.『麒麟の翼』

〈加賀恭一郎シリーズ〉第9作目の『麒麟の翼』。一気読み必至です。父の思いにグッときます。

~あらすじ~

胸を刺された男が日本橋の上で息絶えていた。瀕死の傷を負いながらそこまで移動したらしい理由を探る加賀は、被害者は七福神巡りをしていたことを知る。しかし家族にもその目的に心当たりがなかった。父の命を懸けた決意とは…。

 

 

10.『祈りの幕が下りる時』 

〈加賀恭一郎シリーズ〉第10作『祈りの幕が下りる時』。加賀恭一郎の母にも関わる、シリーズ最大の謎に決着がつく物語です。読まない訳にはいかんですね。

~あらすじ~

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の死体が発見された。女性は滋賀県在住の押谷直子と判明し、アパートの住人である男は消息を絶っていた。捜査を担当する松宮は、近くで発見された焼死体との関連を疑うが…。

 

 

 以上、〈加賀恭一郎シリーズ〉の順番とあらすじでした

以上10作品、〈加賀恭一郎シリーズ〉の順番とあらすじをご紹介しました。途中から読んで面白くないとかじゃないんですが、個人的には普通にこの順番で読んでほしいです。

 

東野圭吾作品は本当に当たりはずれがなくて、どれを読んでも楽しめるな~といった印象があります。読みやすさもバッチリなので、ぜひ楽しんでください。