推理小説読んでみる?

ミステリー初心者の方にもきっと楽しんでもらえる、有名な推理小説を敷居低めに気楽に♪ご紹介します。

ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』あらすじ&感想

古典で本格密室もの!ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』って?

f:id:mnglv:20170831153111j:plain

今日は、古典で本格ミステリーで有名なガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』をあらすじや感想とご紹介していきます。

 

ガストン・ルル―と言えば、オペラ座の怪人とかの方は聞き覚えのある方も多いかもしれませんね。

 

そんなガストン・ルル―の『黄色い部屋の謎』、訳によっては『黄色い部屋の秘密』は、フランスのミステリー小説です。1908年に刊行されたものなので100年以上昔の作品ですが、今もなお読まれているだけあってやっぱり面白い。

 

密室ミステリーとしても有名で、密室ミステリーをまとめたこちら⇩の記事でもご紹介しています。

kirakunimystery.hatenadiary.jp

密室ものが読みたいな~という時は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

~『黄色い部屋の謎』あらすじ~

通称、ぶな屋敷と呼ばれるスタンガースン博士邸の、完全に施錠され密室状態にあった”黄色い部屋”から悲鳴が上がった。

 

博士を始めとする数人がかけつけドアを怖して中に入った時、血の海の中にスタンガースンの令嬢マチルドが倒れていただけで、そこに犯人の姿はなかった。

 

不可能と思える密室事件と犯人を、若干18歳の新聞記者ルールタビーユが追い始める。

 

 

~『黄色い部屋の謎』感想的な雑記的ななにか~

100年以上も前に書かれたフランスの古典ミステリー、最初は名前とか覚えにくいな~と感じたました。ルールタビーユて…。いやいやいや、長いぞ…と。でもなんだかんだ、ストーリーが面白くて読んでいるうち慣れるものですね。

 

ちなみに本名はルールタビーユではなくて、ジョゼフ・ジョゼファンと言うんですが、頭が大きくて特徴的な彼は、「お前の玉を転がせ」という意味のルールタビーユと呼ばれているそうです。

 

結構なあだ名の付け方ですよね。私なら泣きますね普通に。

 

そんなルールタビーユ青年、類まれなる頭脳を持っているんですが…なかなかに図々しくて人を小ばかにしているような、なんともクセのある奴です。

 

真相がわかっても、もったいぶって教えてくれませんしね!探偵って感じですね。

 

なんとなく、文章にしてみるとシャーロック・ホームズみたいな要素を持っているのかもと思いました。今。思いました。

 

 

事件、ストーリーは、 

スタンガースン邸の黄色い部屋と呼ばれる密室で、令嬢の悲鳴が聞こえて駆け付けると、犯人の姿はない。しかし血の海の中に令嬢が倒れていた。

 

その後も更に続く人間消失の謎を、先ほどご紹介したルールタビーユ青年が追う本格ミステリー。

 

まだ科学捜査も現代のようにできない時代の密室ミステリー。現代の科学技術も使えないこの時代だからこそ、謎が謎らしく、ワクワクしてしまうというか。表現力がなさ過ぎて難しいんですが、個人的には好きでした。

 

絶対犯人が逃げられない密室、悲鳴を聞いて突入した際入れ違いに出るなんてことも不可能、でも事実令嬢は倒れているし、犯人もいた形跡がある…。

 

この不可能としか思えない密室の真相がわかった時の反応は、

 

「盲点!やられた!最高!」

「なんやねんそれ~拍子抜け~」

 

の2パターンに大きく分かれそうです。

 

トリックの性質?と言いますか、それも仕方がないと思います。好みの問題ですね。ですが読むことに意義があるくらいのミステリ―なので、そんなこと気にしないで読んでほしいなぁと個人的には思います。

 

そのメインの事件以外にも、人間が消失する謎が新たに勃発したりして飽きさせません。そっちのトリックは某アニメがパクったらしくて有名になっちゃとみたいですが、私は知らなかったので「どないなってんねん|д゚)」とワクワクでした。

 

  

そしてこの『黄色い部屋の謎』には、もう一人探偵が登場します。パリ警視庁の名探偵フレデリック・ ラルサンという男が。

 

探偵VS探偵の推理合戦も楽しめるんです。これがストーリーを更に面白くしている要素の一つだと思います。

 

 

最初は少しとっつきにくいかもしれません。でもだんだん文体や長い名前なんかにも慣れてきます。きっと読まずにはいられなくなってくるはずです。ぜひ気軽に手にとってみてください。

 

翻訳ものが苦手だと少し敷居が高く感じるかもしれませんが、チャレンジする価値は大いにありますよ。

 

特に最後、法廷で真相告発のシーンはソワソワしますよ。ページをめくる手が止まらなくなるでしょう。

 

私の写真のは古いやつですが、新訳版が出ているのでそちらをおすすめします。言い回しとかも随分わかりやすくなっているようなので!

 

今日もこんなブログにお付き合いくださってありがとうございます。本探しのお役に立っていれば幸いです。では_(:3」∠)_